中学生クラス

文部科学省の英語教育改革の一環として、中学校での英語の授業について「英語で行うことを基本とする」ということが決まっています。2018年度から段階的に先行実施を行い、東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年度から全面実施となる予定です。オールイングリッシュでの英語の授業が“理想的に”行われれば、従来の文法・リーディング重視の授業よりも実践的で、コミュニケーションの手段としての英語能力の獲得が期待できます。しかし、オールイイングリッシュでの授業は生徒にある程度の英語能力がなければ効果的に行うのは難しく、生徒は日本語で説明されても難しいと感じるような文法を、英語で説明されるわけですから、理解できず英語嫌い、または英語に対する苦手意識を持つ生徒が増える懸念もあります。高校入試に対応できるのか、英語で授業を行うことが出来る高度な英語能力を持った講師を十分確保できるのか、といった問題もあります。

 

 

イームスの中学生クラスはJH1~JH3の3段階で、学年に関係なく生徒さんの英語の能力、経験によってレベル分けを行っております。また生徒さんの英語レベルに合わせてレッスンで講師が使う英語のレベルも変えています。講師は日本人バイリンガルで、レッスンは基本的にオールイングリッシュですが、文法の説明、英検対策などは日本語で行います。またJH1クラスは、4月スタート時は英語と日本語の両方をレッスンで使いますが、1年間かけて少しずつ日本語を減らしていき、翌3月にはレッスンを全てだけで英語で行えるようにしていきます。JH2クラス、JH3クラスではレッスンを全て英語で行うことにより英語に接する絶対量が増え、英語の言語感覚も身に付きやすくなります。また生徒さん同士のペアワークや答え合わせも英語で行うことで、英語で発話する機会を増やし、日本語を経由しない思考回路を作り、会話の中でとっさに反応する英会話能力の向上を狙います。

 

 

また多くの中学生にとって学校や塾での英語は単なる学習教科のひとつとなってしまっています。そのため英語を使ってコミュニケーションを取ることの楽しさや大切さに気付かず、テストや入試のためだけに英語を勉強している生徒さんが多いのは本当に残念なことです。担当講師は17年の塾講師・英語講師としての経験があり、長い海外生活(オーストラリア/7年)の経験もありますので、入試やテストに必要な学校英語コミュニケーションに必要な実用英語をバランスよく伸ばしていくことが出来ます。そういった意味でイームスの中学生クラスは、単なる英会話スクールでも塾でもない、両方の強みを生かしたユニークな存在であると自負しています。

 

JH2とJH3クラスでは、毎年10月に英検に挑戦します。基本的にJH2は3級、JH3は準2級または2級を目指します。講師は自身でも英検1級を取得しており、これまで数多くの中高生を英検合格に導いてまいりました。夏の中体連が終わる7月半ばごろから3か月ほどかけて準備をし、9割以上の生徒さんが中学卒業までに準2級、または2級に合格します。

 

生徒様の声を紹介

 

▲ページの先頭へ戻る

Facebook

Twitter

YouTube