講師はネイティブがいい?

外国人講師かいいのか日本人講師がいいのかを考える前に、まず日本の英会話スクールで教えている外国人講師がどんな人たちなのかを見てみましょう。

 

 

 

日本で英語を教えている外国人とはどのような人たちなのか。

外国人が日本で働くためには就労ビザが必要です。外国人が日本で英語教師として働くビザ取得の条件として大学を卒業していることがあります。したがってどの英会話スクールへ行こうとほとんどの外国人講師は大卒の教養のある人たちです。では英語を教える講師としての能力はどうでしょうか。外国人講師にはTESOLやCELTAのような英語を外国語として教えるための資格を取得している人もいれば、ただ英語が母語というだけで英語を教える訓練を何も受けていない人もいます。日本に来る前から自国で英語を教えていたという人は少なく、ほとんどの場合、日本の英会話スクールで働きながら訓練を受け、教えながら経験を積んでいくこととなります。

 

彼らが日本に来る目的は様々ですが、初めから英語を教えることを生涯のキャリアと考え日本に来る人はほとんどいません。外国に住み新しい経験をしたい人や、旅行半分で色々な国を転々としている人、アジアや日本の文化や言語に興味がある人が多いかと思います。小中高校での日本人英語講師を補助するALT(Assistant Language Teacher)を確保するために政府が行っているJETプログラムを通じて来日する人もいます。基本的には一時滞在者で、あちこちの英会話スクールで働きながら国内を転々とし、数年で帰国する人が多いですが、中には日本でパートナーを見つけ永住するような人もいます。

 

 

英語を教えている日本人講師とはどのような人たちなのか。

英語を教える日本人講師に共通して言えるのは、当たり前ですが、英語が母語ではないということです。すなわち全員が講師であると同時に自らも英語学習者であり、英語学習においてある程度のレベルまで達した成功者であるということです。そのレベルに関しては、ニアネイティブのレベルから日常会話なら十分といったレベルまで様々です。外国人講師は英語ネイティブスピーカーということだけで採用されることもありますが、日本人講師は、講師としての英語能力を証明しなければならないためTOEIC900点以上や英検1級といった難易度の高い資格を保有する人も少なくありません。留学や海外生活経験者も多いかと思います。

 

ただ英語のレベルだけで講師の良し悪しが決まるわけではありません。英語を外国語として勉強してきた日本人講師は、どうすれば英語を身に付けることが出来るのかを自らの体験から知っており、それを生徒さんに伝えることが出来ます。生徒さんからすれば、英語学習のつらい面も楽しい面も知っている日本人講師には親近感を持ちやすく、自分の将来の目標として見ることもできます。また外国人講師が基本的に一時滞在者であるのに対し、日本人講師は英語を教える仕事を生涯、あるいは長期的なキャリアとしている場合がほとんどですので、講師としての経験、能力は一般的に外国人講師より高いということが言えます。

 

 

外国人講師に習うメリット

・発音がいい

・語彙やネイティブならではの表現が豊富

・外国人と接し、話すことに慣れる

・外国の文化や習慣といった側面に触れることができる

 

 

外国人講師に習うデメリット

・日本語が通じないので質問したいことができない

・生徒の英語がある程度のレベルでないと、レッスンを完全に理解することができない

・外国人講師は英語を母語として身に付けたため文法などの説明は苦手

・日本人のやり方、考え方を理解していない、または外国語として英語を勉強していないので英語学習者の気持ちや状態、上達のプロセスが分からない

 

 

日本人講師に習うメリット

・必要な時は日本語で説明を受けることができる

・文法の知識が豊富な講師が多く、また日本語と英語の違いを対比させながら指導できる

・自らも英語学習者なので自らの経験をもとにアドバイスでき、また生徒の状況、気持ちに共感できる

・英語講師を本業としている人が多く、プロ意識が高い

 

 

日本人講師に習うデメリット

・発音がネイティブほどは良くない

・語彙の多さや、英語の自然な表現に関する知識に関してネイティブにはかなわない

・外国人と接するという体験ができない

・日本語が通じてしまうので生徒に甘えがでる

 

 

結局どちらがいいのか?

どちらがいいかというのは、結局、学習者によるというのが正解です。外国人講師から習った方がメリットの多い人と、日本人講師から習った方がメリットの多い人がいます。英語耳はレッスンという短時間の中で身に付くものではなく、普段から英語をたくさん聞くことのほうが大切です。またきれいな発音の習得には実際に発音練習をすることが必要で、週1時間程度のレッスンで学習者が講師の発音を自然に身に付けることはまずありません。むしろ発音に関するアドバイスが出来る日本人講師の指導を受け、CDなどを使ったシャドウイングなどの練習を繰り返す方が効果的です。もちろん留学や週30時間程度のフルタイムの英語学校にいくというのなら話は別です。

 

外国人講師に習った方がいい人というのは、ある程度の英語力があり、不完全な英語でもいいので講師と十分にコミュニケーションがとれる人です。少なくともレッスンが理解できるリスニング力がなければレッスンとして成立しません。また教えてくれるのを待つような受動的学習スタイルの人には外国人講師のレッスンはあまり向いているとは言えません。積極的に会話の中に入っていくことができ、質問ができる人。また自主性があり、講師から宿題などを与えられなくても自分で英語学習を進めていける、あるいはその習慣がある人、などが外国人講師から習った方がいい人といえます。

 

では逆に日本人講師から習った方がいい人とはどんな人でしょうか。語彙がまだ少なく、リスニング力のない入門・初級レベルの人、自主学習の習慣がなく何をどう勉強すればいいのかサポートしてもらいたい人、英会話というよりは文法などの英語の勉強をしたい人、などが日本人講師から習った方がいい人と言えます。また英検やTOEICなどの資格試験対策をしたい人も日本人講師のレッスンが向いています。

 

▲ページの先頭へ戻る