講師が日本人だと発音が悪くなっちゃう?

2018年8月22日 水曜日

先日お電話でお問い合わせ頂いた方から、大人クラスの講師は外国人かと聞かれ、英語やり直し講座と初級クラスの講師は日本人(私なのですが)だということをお伝えしたところ「講師が日本人だと発音が悪くなっちゃう」と言われてしまいました。

 

話し方から日本人の方ではなく、中国か韓国といったアジア系の外国人の方だったかと思います(違ったらごめんなさい)。英語は特に学習経験はなくこれから始めるとのことでした。

 

講師がネイティブか、非ネイティブかにこだわるお気持ちは良く分かりますが、間違いなく言えるのは、生徒さん(特に大人の生徒さん)が週1回数十分のレッスンに通うだけで、ネイティブ講師の発音を自然に身に付けることはまずない、ということです。発音を良くしたければ、発音指導が出来る日本人講師に習ったり、CDなどで毎日たくさん英語を聞き、シャドウイングなどの練習する方が遥かに効果的です。

 

良い講師とはネイティブか、非ネイティブかで決まるのではなく、生徒さんにとって必要なものを高いクウォリティーで提供できるかどうかであると思います。日本人講師は通常、講師であると同時に自らも英語学習者であり、英語学習においてある程度のレベルに達した成功者でもあります。英語を外国語として勉強してきた日本人講師は、どうすれば英語を身に付けることが出来るかを自らの体験から知っており、それを生徒さんに伝えることが出来ます。

 

また外国人講師が基本的に一時滞在者であるのに対し、日本人講師は英語を教える仕事を生涯、あるいは長期的なキャリアとしている場合がほとんどですので、講師としての経験、能力は一般的に外国人講師より高いということが言えます(もちろんプロ意識の高い外国人講師もいます)。

 

ある程度の英語力があり、積極的に会話に入っていける人、また自主性があり宿題などが与えられなくても自分で英語学習を進めていく習慣のある人などは英語ネイティブ講師が向いていると思います。“外国人に慣れる”という体験も日本人講師とでは出来ないでしょう。

 

皆さんが求める英語講師とはどんなものでしょうか。

Happy 10th Anniversary

2018年8月1日 水曜日

 

本日2018年8月1日をもって英会話スクールイームスは10周年を迎えました。イームスはもともと三島進学ゼミナールの大人英会話としてスタートしました。10年前の今日、イームスの教室で、当時の塾長を中心に私を含む立ち上げメンバーとささやかな記念のランチをとった時のことを今でもはっきり覚えています。

 

 

この10年間本当に色々なことがありました。いい時も、また悪い時もありました。その中で悩みや不安もたくさんありましたが、生徒様からときどき頂く感謝の言葉やお手紙に励まされ、今日を迎えることが出来ました。改めてお礼申し上げますとともに、これからも地域の皆様に愛されるスクールであり続ける決意を新たにしたいと思います。10年間本当にありがとうございました。またこれからも宜しくお願いします。

 

英会話スクールイームス 本間

▲ページの先頭へ戻る